ホーム > 健康食品 > 欧米型のメニューに社会全体として傾いてきた弊害

欧米型のメニューに社会全体として傾いてきた弊害

成長途上の子にとっては栄養面でよく考えられた食事メニューを規則正しい時間にちゃんと食べることが必要です。しかし、適切な量以上に大食すると、本来の体にとって必要な滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。とある幼稚園では食べられそうなぐらいの飯の量を自分でつがせて、子ども自身の欲している容量の意識を持つようにさせているそうですが、効果的な手段といえそうです。喉の渇きを訴えているような際は、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。

 

不必要なものが混入してないので、身体に吸収されやすいのです。

分けても寝起きに水を飲むことを習慣にするなら、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃や腸はは盛んに動くようになります。

 

食べたい欲が高まりますし、冷たい水による冷やっこさでパッチリと目が覚めることでしょう。最近ではお通じがスッキリしない小児がとても多くなっています。

便秘を抱える小児ほど、疲れていることが多かったり、集中力が途切れがちという状況が多くなるようです。

 

便秘がわかったら早めに解消してあげましょう。子ども向けの下剤やイチジク浣腸も入手できますが、そうしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。

自然にスッキリできることを目指し生活面や食事面でサポートしてあげましょう。

 

人間の脳はたった3歳か4歳ぐらいで成人の8割を超えるぐらいにまで成長するのです。

 

それからは訓練によって少しずつ発達し、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知力を刺激し続けることで向上していきます。栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳機能にとって必須の栄養分です。そして忘れてはならない青魚に多く含まれるDHAは脳神経の連携を活発にする効果で知られています。海藻は動脈が硬化するのを防ぎ、改善にもつながる不飽和脂肪酸が多く含まれます。なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。

これは乳幼児の脳の発達に役立つと言われている成分です。

 

 

 

海藻にこれほどの栄養素が含有されるのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。海藻を使ったヘルシーメニューを普段からよく食べて、海のエネルギーで健康な体を築きましょう。

 

海藻は野菜と同じぐらいにミネラルとかビタミン類などうれしい栄養を豊富に蓄積しています。

 

さらに白血球の作用を高めて、生活習慣を原因とする諸々の病気を予防する成分を持ち、免疫を強固にするうえでとても有効な食物です。

 

 

 

なんと海藻の食物繊維は水に溶けるのです。

 

腸に棲む善玉菌をたくさん増やし、大腸の運動がスムーズにいくよう助け、疲労回復に欠かせないビタミンB群をどんどん合成させるなど重要な働きをしています。

子供の身体の健康と成長を支えるのは食物です。

 

 

 

フードのパワーというのは、薬以上の影響をもつこともあります。

子どもの普段よく食しているものが発育に少なからぬ影響を与えます。まわりの人々、とりわけ親の場合は、その大切さを忘れないでいることが必要です。食事こそが病気に打ち勝つ免疫力をもつために強力な役割を果たしますし、頭の発達にも深く関係します。

 

 

 

今の時代の子たちは背も高く体つきもよく、手と足もかなりロングで、昔の人よりカッコよいスタイルをしています。

 

 

 

この原因は糖質をよく食べる和の食事習慣から肉類を中心とした欧米型のメニューに社会全体として傾いてきたからです。その反面、高血糖や高脂血症などの以前は日本ではあまり見なかった病が増加しているのです。

 

 

 

さらに懸念されるのは小さい子の太りすぎや生活習慣による病気もどんどん多くなっていることです。子供用の青汁の気になる効果


関連記事

  1. 欧米型のメニューに社会全体として傾いてきた弊害

    成長途上の子にとっては栄養面でよく考えられた食事メニューを規則正しい時間にちゃん...

  2. 増えているビタミン欠乏症をサプリメントで補う

    天然の色素成分であるカルテノイドは、水に溶けにくくて、油に溶けやすいという性質が...

  3. 情報はしっかりと見極めること

    今、さまざまな健康食品が話題になっていてテレビや雑誌、インターネットでも健康食品...