ホーム > 糖尿病 > 糖尿病腎症の怖さをそれを防ぐ生活習慣

糖尿病腎症の怖さをそれを防ぐ生活習慣

運動したり体を活動させるためにはエネルギーがいるのですが、筋肉を動かすには血糖をエネルギーに変換しています。

 

 

 

ですから運動することは血糖値を低下させる効果があります。一方、運動不足では消費エネルギーも使われないので毎回エネルギーがあまりインスリンを大量に生成するため膵臓が疲れて使い物にならなくなってしまいます。喉の渇きという糖尿病の症状を減らすためには、糖分は過剰に摂取しないことと、食後に軽い運動をして摂取した糖分は早く体内から排出することで効果を得られます。ですが、インスリンを注射したり血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖になる可能性があるので、医師とよく相談をしてから運動を開始するようにしましょう。糖尿病腎症では腎臓で尿を作ることが難しくなり、人工透析をしないと不要物とか老廃物などを体外に自力で排出できないことで、命を落とすことになってしまいます。

ですから、糖尿病腎症になった場合は、週に約3回医療機関で人工透析を受けるという生活を続けることが強いられるので、大きな負担が日常生活に発生することになります。

まめに動いて毎日を過ごすことは糖尿病の予防・改善に効果が期待できます。

10分間だけでも体を動かして運動を心がけましょう。たった10分という見過ごしやすい時間でさえ、1日で数セットするとそれなりの時間になるものです。

 

他にもエレベーターは使わないで階段で行く、車は最寄りの駐車場より離れた駐車場に停めて、ちょっと多めに歩くといった工夫も必要です。

 

 

インスリンというの膵臓から分泌されるホルモンで、糖を変換させエネルギーにして細胞に取り入れる作用があります。

食後は食物から吸収された糖が血液の中で全身をめぐるため瞬間的に血糖値は上がりますが、インスリンが正常に生成されれば糖は細胞組織に吸収されて血糖値は段々と一定量に保たれます。

脂肪が多くつき過ぎている人は、体についてしまった脂肪を落とす工夫をしてみましょう。軽いジョギングなどの有酸素運動を取り入れて脂肪を徐々に減らしていきましょう。

また、筋肉をつけることで基礎代謝が上がるため、より一層体脂肪は燃焼しやすくなります。

また絶食などの過激なダイエットをするのは体に大きな負担がかかり将来的に悪影響をきたす可能性があることから注意が必要です。単純に食事の量を減らしさえすればいいという簡単な話ではありません。1日の運動や行動に適したエネルギーは体重、身長、身体にかかる負荷によってによって人それぞれ異なります。

そのため、まずは自分にとって最適なエネルギー量を合算して一日の食事量が自分の最適なエネルギー量を超えていないか覚えておく必要があります。

 

 

 

合併症の中で足に発生する代表的なものは、血流が低下して、体の神経が鈍る糖尿病神経障害というものです。

 

 

糖尿病神経障害は足に痺れ、違和感を覚えたり、ふくらはぎの痙攣、ほてりといった症状を自覚するようになります。

また、足の感覚が鈍くなることで、足に怪我をしやすくなったり、足がつる場面が多くなるようです。糖尿病にオリゴ糖は効果ある?

 

 

 


関連記事

  1. 糖尿病腎症の怖さをそれを防ぐ生活習慣

    運動したり体を活動させるためにはエネルギーがいるのですが、筋肉を動かすには血糖を...

  2. 糖尿病の食事療法は大切

    糖尿病は近年増えています。予備軍を含めると日本人の6人に1人に割合でいます。糖尿...