ホーム > 糖尿病 > 糖尿病の食事療法は大切

糖尿病の食事療法は大切

糖尿病は近年増えています。予備軍を含めると日本人の6人に1人に割合でいます。糖尿病は生活習慣病といわれていて、生活習慣を治すことが義務付けられています。

そのため、治療法も食事を直すことや運動をすることがメインです。薬を服用することで直そうとすることもありますが、治療の効果は食事生活を変えることが一番効果があります。次に運動を適度に行うことです。最後が薬を服薬することです。なので、食事を気にすることが糖尿病がさらに悪化して、腎障害や神経障害、網膜障害や失明を防ぐことにつながります。

糖尿病で怖いのが慢性化してしまい、合併症になることで命に危険が及んでしまうことが挙げられます。ただの糖尿病ですと高血圧などで減塩することで大丈夫ですが、合併症を発症してしまうと体が思うように動かない、目が見えないなど大変になります。

慢性化は1年や2年ですぐになるものもありますが、5年から10年と徐々に悪化するものが多いです。なので、しっかり糖尿病であることを早期発見して早期に治療を始めることで悪化を防ぐことができます。

そのためには抗酸化作用がある食品をしっかりとることや動物性脂肪の取りすぎに気を付けることが大切です。糖尿病予防のサプリの選び方と最新ランキング


関連記事

  1. 糖尿病腎症の怖さをそれを防ぐ生活習慣

    運動したり体を活動させるためにはエネルギーがいるのですが、筋肉を動かすには血糖を...

  2. 糖尿病の食事療法は大切

    糖尿病は近年増えています。予備軍を含めると日本人の6人に1人に割合でいます。糖尿...