ホーム > 保湿ケア > 冬のスキンケアに関して

冬のスキンケアに関して

健康で美しい肌を保ちたいという思いは、老若問わず多くの女性にとって最も強い関心事のようです。乾燥肌ではない人であっても、冬の肌トラブルの一番の原因である乾燥には多くの人が悩まされます。冬になると誰でも乾燥しやすい上に、寒さ対策のためのエアコンが与える影響も大きいというのは難しい問題です。

 

まず肌のお手入れとしては、自分の肌に適した保湿剤を使ってうるおいを与えることです。保湿ローション、保湿クリーム、保湿パックなどを化粧品店や薬局などに相談するとよいと思います。店にある肌診断サービスを利用したり、美容皮膚科で肌診断してもらうことも可能です。

 

肌診断による分析結果に沿った基礎化粧アイテムを揃えると、グッと美肌に近づける気がします。保湿剤にはワセリン、セラミド、利尿剤、ヘパリン類似物質なだが挙げられます。CM等でよく耳にするセラミドとは、角質の水分保持に欠かせない細胞間脂質物質の一種で皮膚を柔らかくしてくれます。またヘパリン類似物質とは、角質の水分含有量を増加させ、皮膚の潤いを保ち、血行をよくする働きも兼ね備えています。

 

しかしこういった保湿剤は乾燥の初期段階に効果を顕すものであって、乾燥からのかゆみで掻くことにより炎症を起こした場合は抗生物質配合のステロイド外用剤で治療することが、肌のただれを防ぐ上で大切です。炎症をしっかりと抑えた後で、スキンケアを通常のスキンケアに戻しましょう。私は常日頃から敏感肌におすすめの化粧水を使うようにしています。

 

他に冬の洗顔は洗いすぎは禁物です。皮脂を落しすぎて皮膚トラブルをおこしやすくします。またエアコンは適切な温度設定にし、加湿器を使用することもおすすめです。